9月DAYCAMP「畑作体験」活動報告

お知らせ

こんにちは。
南十勝長期宿泊体験交流協議会、STEPの野村です。
先日、9月17日(土)に9月DAYCAMP「畑作体験」を行いました。
尾田地域コミュニティセンターを拠点とし、
午前にじゃがいも・とうもろこし収穫体験、
午後は収穫した作物を薪ストーブで焼いて食べました。
活動の内容や子どもたちの様子をご紹介します。

9月DAYCAMP「畑作体験」

AM じゃがいも・とうもろこし収穫

大樹町で農業を営んでいる高松農場さん、
細谷農場さんでじゃがいもととうもろこしの
収穫体験をさせていただきました。

今回収穫したじゃがいもは「にしゆたか」
という品種で、煮崩れしにくく、カレーや
肉じゃがなどの料理に向いている品種です。

最初は高松農場さんでじゃがいも収穫体験。
子ども達が一生懸命掘っていたおかげで、
大きいじゃがいもがたくさん採れました。

次は細谷農場さんでとうもろこし収穫体験。
スタッフに美味しいとうもろこしの選び方を
教えてもらってから、収穫開始。

今回収穫したとうもろこしの品種は、
「ゴールドラッシュ」という品種で、
糖度が18度もある非常に甘いとうもろこしです。

中身が詰まっていて大きいとうもろこしを
袋いっぱいに収穫しました。

PM 薪ストーブで調理

昼食を食べた後、午前中に収穫してきた
じゃがいもととうもろこし、それといただいた
かぼちゃとねぎを薪ストーブで焼いて食べました。

採れたての野菜たちは非常に美味しく、
子どもたちの箸が止まることはありませんでした。

じゃがいもとかぼちゃはほくほくで、
とうもろこしとねぎは非常に甘く、
十勝で生産されている野菜の美味しさを
体感し、学ぶ良い機会になってくれたのではと思います。

振り返り

振り返りとして、十勝で主に生産されている4つの作物と
なぜ十勝では美味しい作物がたくさん生産できるのか、
その環境的要因と人為的工夫をみんなで確認しました。

「収穫して楽しい」、「食べて美味しい」だけではなく、
「なぜ栽培されているのか」、「なぜ美味しいのか」などの
背景を知ることでより良い体験活動になるのではないかと考えています。

最後に、余ったじゃがいもなどをみんなで分けて、活動を終了しました。

今年度の活動予定

DAYCAMP(小学生)

11/19(土)酪農体験
12/17(土)火おこし・調理体験
※日程変更の可能性あり
2/18(土)氷あそび

FAMILY DAYCAMP

2/19(日)氷あそび

CAMP

1/  5(木) ~   7(土)つるつるキャンプ
3/26(日) ~ 28(火)いただきますキャンプ

※活動ごとの詳細は活動の2~3週間ほど前にメルマガ、ブログなどでご紹介します。

関連記事一覧

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031