2月日帰り体験活動「雪・直滑降」

お知らせ

2月16日(土)に大樹町中央運動公園で日帰り活動「雪・直滑降」を実施しました。
天気が良く、思う存分、活動を楽しみました。

はじまりの会で活動内容やスタッフ紹介を行い、準備体操。

最初は小学生、親子グループに分かれて活動スタート。

小学生グループにスタッフのぱっちーから、
「これからそり滑りに行きます。場所は林の中。雪には滑りやすい雪、滑りにくい雪がある。林の中の雪はどうなっていると思う?」

子どもたちは林を観察、考えます。
「実際にどうなっているのか、見に行こう」
そりを持って林の中を歩きます。

林の中では「鳥の巣がある」「人が歩いた後が歩きやすい」「柔らかい雪が多い」「雪の浅い部分もある」など色んな発見がありました。

歩いているとそり滑りに良い場所を発見。全員で横一列になってそり滑りスタート。
最初はあまり進みません。同じコースを滑ると進む距離が段々と延びて行きます。
みんなでより滑るコースを作っていきます。

親子は初めてのスノーシューにチャレンジ。
林の中をキツネの足跡、ツリガネタケ、お尻のような形の木を見つけながら散策。
ストックに雪を乗せ、アイスに見立て「みかん味とオレンジ味!」と嬉しそうに見せてくれました。

小学生グループが滑るコースをたくさん作り、親子がスノートレッキングから戻ってきたら、次の挑戦です。

ミニスキー、スノーボード、スキー、サーフボード、おしり滑りなど、そり以外のモノを使って滑ります。

どうやったら上手く滑れるか、上手な子の滑り方を真似したり、コツを聞いたりして、挑戦します。
たくさん滑っていたら午前中は終了。お昼ご飯を食べます。

午後は4グループに分かれて活動します。
①スノーシュートレッキング
午前に歩いた林を更に広くトレッキングします。

②色々な乗り物に乗る
午前に引き続き色んな乗り物に挑戦します。
どのコースが滑りやすいか、どうやったら滑りやすいか、子ども達同士で話をしながら滑ります。親子は初めてのミニスキーやミニボードにチャレンジ。何回転んでも立ち上がって挑戦し、頑張りました。

③バケツイグルー作り
バケツで固めた雪を使ってイグルー(かまくら)を作ります。
固めやすい雪はどこにあるか、どんな大きさにするか、親子も一緒になって相談しながら挑戦。
残念ながら完成できませんでしたが、今度作るときは「バケツを大きい物にする」「小さいイグルーにする」などの対策案が出ていました。

④氷上遊び
前日にクローズしたスケートリンクの上で遊びました。
立って滑る距離、お腹で滑る距離の競争など、氷の上でより滑って楽しめる方法を試しました。

たくさん遊んでいたら、午後の時間も終了です。

おやつのココアを飲んだ後、活動のふりかえりなどを行い、活動を終了しました。

今年度の日帰り体験活動はすべて終了致しました。
たくさんのご参加頂き誠にありがとうございます。
皆様とまたお会いできること、新しい出会いも楽しみにしております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

◆道民カレッジで単位を獲得しよう
単位を獲得すると「学士」→「修士」→「博士」と称号がランクアップします。
次回の日帰りプログラムでも単位がもらえます。手帳を持っている人は忘れずに持ってきてください。
道民カレッジって何?詳しくはWEBサイトで確認してください。
https://manabi.pref.hokkaido.jp/college/

【フォトギャラリー】

関連記事一覧

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30