12月DAYCAMP「たき火体験」活動報告

お知らせ

こんにちは。
南十勝長期宿泊体験交流協議会、STEPの野村です。
先日、12月10日(土)に12月DAYCAMP「たき火体験」を行いました。
午前にたき火で使う薪集め・薪割り、薪の組み立てを行い、
午後にバームクーヘン作りを実施しました。
活動の内容や子どもたちの様子をご紹介します。

12月DAYCAMP「たき火体験」

AM 薪集め・薪割り、組み立てなど

大樹町のインカルペ白樺さんで今回の活動は実施しました。

まず初めに、どんな枝や葉っぱがたき火に適しているかを
グループで燃えそうなものを林の中から探してきてもらい、
実際に燃やしながら、確認をしました。

木の枝は太さによって燃え方は違うのか?
葉っぱはどれくらいの速さで燃えるのか?
などなど色々な実験を行いました。

実験をして確認をした後、グループでコンテナ1つ一杯に
なるくらいの枝や枯れ葉を集めました。

集めてきた枝や葉っぱを使って、燃えやすい形に組んでいき、
火を点けました。

子どもたちの選んだ枝や枯れ葉が良かったのか、どのグループも
スムーズに火をつけることができていました。


PM バームクーヘン作りなど

午後は午前に準備したたき火を使って、バーム
クーヘン作りを実施しました。

拾ってきた枝や枯れ葉だけだと、火力が安定しない
ので、今回はたき火の中に木炭も使用しました。

ホットケーキミックスを使って生地を作り、
アルミホイルを巻いた竹に生地を垂らして、
焼いていきます。

綺麗な層になるように、焦げないように焼き色が
付くようにクルクル回しながら焼きました。

これまた子どもたちの手際がよく、丁寧に作って
くれていたので、予想よりもはるかに綺麗に上手に
作ることができていました。

完成したバームクーヘンは、少し冷やした後に
竹から外して、メープルシロップをかけていただきました。
一緒にマシュマロも焼いて食べました。

食べ終わった後は、片付けをしてから自由遊び。
鬼ごっこ、木登りなど自然の中で思う存分遊びました。

振り返り

振り返りとして、今回は冬の森で活動をして、
枯れ葉や落ちた枝などの冬の自然を使って、
色々な活動をした。
森は当然だけど春も夏も秋もある。季節によって
色んな姿・形になるので、そんなことも気にかけ
ながら、自然の中でたくさん遊んでほしいと
思います。

ということを伝えた後、たき火をするときの約束を
確認して活動を終了しました。

今年度の活動予定

DAYCAMP(小学生)

2/18(土)氷あそび

FAMILY DAYCAMP

2/19(日)氷あそび

CAMP

1/  5(木) ~   7(土)つるつるキャンプ
3/26(日) ~ 28(火)いただきますキャンプ

※活動ごとの詳細は活動の2~3週間ほど前にメルマガ、ブログなどでご紹介します。

関連記事一覧

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031