大樹極寒つるつるキャンプ1日目

お知らせ

大樹極寒つるつるキャンプ、1日目です。

天然結氷した沼、オイカマナイトーでつるつる遊び、ワカサギ釣り、
オイカマナイトー横断などを行います。

十勝管内小中学生、20名が参加です。

検温、消毒、換気等の対策を行いながら、2泊3日、冬ならではの活動を実施します。

スタッフのポッポからみんなにキャンプのテーマを発表。
テーマは「最大限楽しむためには」。
「最大限楽しむために、得意なこと、苦手なこと、色々な事柄に挑戦したり、工夫してもらえたら、嬉しいです。」

まずは、自己紹介。
スタッフと子ども達、子ども達同士、お互いを名前で呼び合えると、キャンプが、より楽しくなります。

自己紹介後、天然結氷した沼、オイカマナイトー(生花苗沼)に向かいます。

オイカマナイトーは、2日目、3日目も活動を行う場所なので、まずはどんな場所なのか、乗っても問題がない場所はどこかなど、調査します。

氷の薄いところを探したり、雪を掻いて氷の面を出してみたり、冬だからこそ近づけて観察できる、地層の観察も行いました。

宿舎に戻って温泉、夕食。使った食器は自分たちで洗います。

夕食後は、明日のワカサギ釣りに向けて、準備します。

以前にも参加してくれている子ども達が中心となって、道具の使い方、釣り方などを確認していきます。
エサに使う虫が苦手な子は、得意な子に付けてもらうお願いもしていました。
楽しむために、苦手なことは、お願いするのも大切だと、感じます。

明日に向けて、就寝。おやすみなさい。

◆ギャラリー

関連記事一覧

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930