8月, 2017年

STEP夏季活動報告とお礼のご挨拶

2017-08-24

今夏、STEPでは主催キャンプの他、
大樹小5年生学年キャンプ、
町内の子ども会活動、
歴舟川清流まつりでのブース(流木クラフト・絵馬作り・牧草ロールお絵かき)、
帯広市児童保育センターの遠足受け入れ、
群馬県吉岡町子ども交流事業などなど…、
大樹町の自然や多くの方々と関わりながら、様々な活動を行ってまいりました。

STEP活動にご協力いただいた皆様、
プログラムにご参加いただいた皆様、
本当にありがとうございました。

至らぬ点も多々あったかと思いますが、
皆様のお力添えで無事に夏季の活動を終えることができました。

STEPは秋季活動に向けて、準備を進めています!
また、皆様にお会いできることを楽しみにしております!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(写真は大樹小5年生学年キャンプ、町内の子ども会活動、歴舟川清流まつりでのブース、帯広市児童保育センターの遠足受け入れ<川・海>、吉岡町子ども交流事業の順で並んでいます。)

友好都市・群馬県吉岡町子ども交流事業受入

2017-08-24

8月19日~22日、3泊4日の日程で
吉岡町の子ども達30名が大樹町に来ました。
今年で5回目の訪町です。

大樹小学校5年生との交流、
大規模酪農家訪問、
大樹町宇宙交流センターSORA見学、
カヌー・カヤック体験、
雪印メグミルク工場見学、晩成温泉入浴、など
盛りだくさんの内容で、北海道・大樹町を満喫しました!

酪農家訪問では、バイオマス施設の見学や仔牛との触れ合いを楽しみました。

カヌー・カヤック体験は好評で
「もっとやりたい」「楽しかった」という感想が多く聞かれました。

雪印メグミルク工場見学では、「さけるチーズ」が完成される過程を見学しました。

大樹小学校との交流は、お互いの町の紹介や自己紹介ゲームを通して交流を深めました。
最後は大樹小の児童が走ってお見送りをしてくれました。
吉岡・大樹両町の子どもたちの交流の輪は確実に広がっています。

また、家族やお友達と北海道大樹町に来てくださいね!
お待ちしております!

たくさんの方々のご協力をいただき3泊4日の活動を無事に終了いたしました。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

「大樹・川遊びキャンプ②」3日目

2017-08-16

8月5日(土)3日目

3日目の朝もラジオ体操でスタートです。
2日間早起きをしたご褒美にコスピーシールをプレゼントしました。

そのあと2日目の夜に放送されたNHKのニュース映像を全員で見ました。
「あ、ぼく映ったー!」「私も!」とみんな嬉しそうに見ていました。

そして最後のビックイベント「砂金掘り」
1日目からずっと「こんな大きい金採れるかな」と夢を話していた子どもたち。
ゆりカッチャで土を乗せてもらい、何往復もして砂金を探します。
「これで11回目...」「運ないなー」など諦めかけたころ
「あったーーーーー」と金を発見!
なんと今回参加者全員砂金を見つけることができました。昨年の台風の影響で今年はなかなか砂金が見つからないことを聞いていたので驚きです。おめでとうございます。

コミセンに戻り、最後の荷物整理です。

そして保護者の皆様も参加して頂き、スライドショーの上映会。
そのあとは2日目の夜に書いた魚の絵をもとに楽しかった思い出を発表しました。

3日間のキャンプはどうでしたか?
初めてキャンプに参加したという子もいましたが、子どもたちはとても逞しかったです。最初緊張していた子どもたちでしたが、あっという間に仲良くなって、協力しながら頑張りました。ぜひご家庭でたくさんの思い出話を聞いてみてください。

この度はキャンプに参加していただき、ありがとうございました。
またのご参加、スタッフ一同お待ちしております。
またお会いましょう。

今年度から道民カレッジ講座のプログラムとして単位がもらえるようになり、登録していただきました。単位を獲得すると「学士」→「修士」→「博士」と称号がランクアップします。
日帰りプログラムでも単位がもらえます。手帳を持っている人は忘れずに持ってきてね。
道民カレッジって何?詳しくはWEBサイトで確認してください。
https://manabi.pref.hokkaido.jp/college/

◆フォトギャラリー

「大樹・川遊びキャンプ②」2日目

2017-08-16

8月4日(金)2日目

2日目は早起きをしてラジオ体操です。
「前で出てくれる人―」と聞くと積極的にお手本になって体操をしてくれました。

身体を動かした後は工作です。
川遊びで水中を見るための箱メガネ作りです。
それぞれ素敵な作品ができあがりました。

身体も頭も使ってお腹か空いたころ、朝ごはんです

今日は1日川遊びの日です。
カムイコタン公園キャンプ場の歴舟川で活動を行いました。
まずは朝作った箱メガネを使って生き物探し・魚獲りを行いました。
1日目とはまた大きさの違うヤマメがたくさん獲れました。
この日は朝からNHKさんが取材・撮影にきてくださり、21時ごろのニュースで放送していただきました。

お昼は河岸でフランクフルトを焼いておにぎりと一緒に食べました。
おやつにはマシュマロをあぶって食べました。

午後はフローティング。全身浸かって川の流れに沿って流れました。
「つめたーい、たすけてー、きゃー」と大騒ぎ!
でも「もう1回、もう1回」と楽しかったようです。
そのあとは希望者で対岸に渡り、川にダイブ!「足着かない、浮いてるー!」と焦りなが
らも嬉しそうに何度も挑戦していました。

尾田コミセンに戻り、着替えた後は冷えた体を温めるため忠類のナウマン温泉へ。

夜には1日目・2日目で見つけた魚・こんな魚いたらいいなということで、みんなで絵を描きました。図鑑を見て「これ捕まえた魚だ!」とじっくり見ながら書いていました。

夜は広い体育館で就寝です。
絵本の読み聞かせを行い、みんなでくっついて寝ました。

◆フォトギャラリー

「大樹・川遊びキャンプ②」1日目

2017-08-16

【大樹・川あそびキャンプ② 1日目】

8月3日(木)1日目。
8月3日~5日に尾田コミュニティーセンターで行われた「大樹・川遊びキャンプ②」。
1日目の様子をお伝えします。

尾田コミュニティーセンターに到着し、まずは受付。
そして活動で使用するライフジャケット・ヘルメットのサイズを合わせました。

全員集まったところで始まりの会。
※道民カレッジの案内・指導者の紹介・3日間の活動内容・施設の使い方について説明しました。

さっそく川遊びです。
「川で安全に遊ぶためには?」という話をして服装や持ち物を確認しました。

1日目の活動場所は歴舟川支流のパンケ川。
網を川底に抑え、足で石を蹴ると隠れている魚が網に入るということを教えてもらい、みんな必死に魚獲り。最初は「獲れなーい」と言っていた子ども達も「魚は流れが速いところ・遅いところどっちが住みやすいかな」など大人からヒントをもらいながら探していると「獲れたーーー!」と次々と声が上がるようになりました。
1日目はヤマメとドジョウが獲れました。ありさんに獲れた魚の説明をしてもらってから最後は川に戻しました。

尾田コミセンに戻り、水洗いした洗濯物を自分たちで干しました。
そのあとは自由時間。ありさん文庫やSTEP文庫の本を読んだり、家庭から持ってきたカードゲームで遊びます。

川遊びの後は「悪ガッパ」というDVDをみました。安全に川遊びするためにはというテー
マのお話。川の危険な場所に悪がっぱが現れ、そこにナマズが助けに来ます。
見た後は有さんと一緒に川遊びの時には必ず大人と行くことや装備をしっかりすること、危険な場所を挙げて近づかないことなどを学びました。

そして待ちに待った夜ご飯!1日目の夕食はカレー。そして大樹の雪印工場で作っている「さけるチーズ」を食べました。

夜のお楽しみは特別養護老人ホームで行われている夏祭り。かき氷と花火をいただきました。

就寝時間。女の子の部屋を覗いてみると仲良く並んで準備ばっちり。
今度は男の子の部屋を覗いてみると、寝袋に包まって「いもむし~」と言いな
がらたくさんの芋虫が部屋をにょきにょき歩いていました。
ですが、早く寝ついたのは男の子でした。おやすみなさい。

◆フォトギャラリー

Copyright(c) 2012 南十勝長期宿泊体験交流協議会 All Rights Reserved.