「TAIKIエネルギーキャンプ」2日目

2017-10-09

【TAIKIエネルギーキャンプ 2日目】
朝はラジオ体操からスタートです。そして朝ごはんを食べてエネルギー補給。

午前中は炭作り体験を2グループに分かれて行いました。持参したもの、STEPで集めたも
ので炭にしたい物を選び、缶に入れて火にかけて熱しました。木の実、折り鶴、バナナの
皮などが入れられました。
熱している間は、太陽エネルギーを集めてどちらのグループが水温を高くできるか、薪と
木炭の違い、薪づくりを行いました。それぞれを楽しみながら真剣に取り組んでいました。

お昼を食べた後はバイオマスエネルギー体験です。バイオマスエネルギーとは、再生可能なエネルギー資源を使う、二酸化炭素のバランスを崩しにくいなどが特徴のエネルギーです。

大樹町にある晩成温泉は、大樹町で育った木をチップにして燃やし、温泉を温めています。木質バイオマスエネルギーを利用しています。
今回はそのバイオマスエネルギーを辿ってみます。まずは、チップになる木が積まれている場所を見に行きました。
その後、森林組合で木がチップになるまでの過程を説明してもらいました。
最後に晩成温泉に行き、チップがボイラーに入るところを見学し、温泉に入浴しました。

夜は午前中に作った炭をみんなで見ました。折り鶴、栗、松ぼっくりなどはきれい炭にな
り、鉛筆は芯だけ残ったり、バナナの皮は砕けたり、面白い結果になりました。

エネルギーは太陽や星など地球外にもある。
ということで、外に出てブルーシートを敷いて夜空の星を見ました。
夏の大三角形や、カシオペアを見ることができました。

◆フォトギャラリー

Copyright(c) 2012 南十勝長期宿泊体験交流協議会 All Rights Reserved.