友好都市・群馬県吉岡町子ども交流事業受入

お知らせ

8月17日~20日、3泊4日の日程で吉岡町の子ども達28名が大樹町にやって来ました。
2倍以上の倍率をくぐり抜けた強運?の持ち主たちです。
予想以上の涼しさに驚きながら、様々な体験を行い、大樹町を満喫!

大規模酪農家訪問、カヌー・カヤック体験、雪印メグミルク工場見学、
大樹町発祥スポーツ「ミニバレー」体験・・・。
海岸で遊んだことや夜の散歩もいい思い出です。

今回もカヌー体験は好評で「楽しかった!」「またやりたい!」という声が多かったです。
群馬県にも出荷されている「さけるチーズ」の工場では機械の動きに興味津々。
うれしい試食チーズもいただきました。
ミニバレー協会の皆さんに協力いただき猛特訓?!後の学童児童との試合は白熱しましたね。
雨と増水により砂金掘りが体験できず残念でしたが、多くの町民との交流が実現しました。
活動最終日には「まだ帰りたくない」「今度は家族と一緒に来たい」という声も!

今回の宿泊体験と交流を通して大樹町のいいところをたくさん知ってもらえたようです。
大樹町での体験を家族やお友達など、たくさんの人に広めてほしいなと思います。
たくさんの方々のご協力をいただき3泊4日の活動を無事に終了いたしました。
ありがとうございました。

関連記事一覧

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930