大樹・川あそびキャンプ①(2日目)

お知らせ

2日目も暑い晴れ!
鳥のさえずり?ガサガサ、ゴソゴソ、ダダダー?
子どもたちの朝は早いです。

テント泊希望者は早朝のテント設営講習を受けています。
そして、ラジオ体操。大樹町民の方と一緒にからだをほぐします。
朝ごはんをいっぱい食べて、1日の活力補給もOK。

午前中の川あそびは、カムイコタンへ。
1日目より活動範囲を広げて川流れ・魚獲り・飛び込み・ラフティングを行いました。

初めはなかなか飛び込めないでいた子も、
一度飛び込んでみると、
その気持ちよさに夢中になって、
何度も水しぶきをあげていました。
そして、前日のあそび会議で声があったボート。
出発前には自分達で空気を入れて準備。
始めは息が合わずに、うまく進みません…。
しかし、子どもの上達は早いです。
かけ声を合わせてパドルを漕ぎ、上手に川を下っていましたよ。

お昼は河原でおにぎりを食べて、元気復活!

午後は歴舟川上流の渓石橋付近で飛び込みや生き物探し、川流れを行いました。
飛び込みは初級・中級の2コースがあり、果敢に中級コースに挑む子どもたち。
渓石橋付近は渓谷になっており、より水が冷たく、大人でも足の届かない深い地点があります。
渓谷の空気と景色に包まれて、思いっきりあそぶことができました。

施設に戻り、着替えたら温泉へ出発。
夕食はキャンプ定番?期待通りのカレーライス。
食器は川を汚さないために新聞紙をクシャクシャにして、汚れを拭き取ってから洗います。
自分たちのあそぶ川が汚いのは嫌だよね。
みんなきれいに食器を拭いていました。

そして、お楽しみの時間!
特別養護老人ホーム(らいふ)の夏まつりに行きました。
かき氷をいただき、出店をぶらりと見て回りました。
大樹町の伏見町長にみんなでご挨拶。
打ち上げ花火が上がり、まつりも最高潮。
一人一袋ずつ花火もいただき、夏の夜のひとときを満喫しました。

戻ったら歯磨きなど寝る準備をします。
テント泊の4人は寝袋を持って外へ。

川に飛び込み、トンボを追いかけ走り、花火を見上げた1日が終わりました。
少しして、部屋とテントを覗きにいくと、もう子どもたちはぐっすり夢の中。
おやすみなさい。

関連記事一覧

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031